So-net無料ブログ作成
検索選択

<うつ病>すでに「国民病」 対策は国レベルで 4学会が共同宣言(毎日新聞)

 日本精神神経学会など、うつ病の診療・研究にかかわる関連4学会は22日、広島市で会見し、「対うつ病10カ年計画」の策定など国家レベルでの対策を求める共同宣言を発表した。年間3万人を超える自殺者の背景に大きく関与するうつ病を「がんに次ぐ重大な社会的損失をもたらす疾病」と位置付け、治療と研究、啓発に緊急に取り組むよう求めている。うつ病問題で医療を担う学会側が公式見解をまとめたのは初めて。

 他の3学会は、日本生物学的精神医学会、日本うつ病学会、日本心身医学会。同日まで広島市で開かれた日本精神神経学会の総会後、発表した。

 共同宣言は、うつ病を含む精神疾患で働き盛りの貴重な人材を失う結果になっていることを重視。うつ病をがん、心臓病と並ぶ「3大疾患」と位置づけ、「国民病」として啓発活動に力を入れるよう求めた。

 そのうえで、専門的治療と臨床研究を進める「うつ病センター」の設置や、診療報酬体系の見直しによる人的資源の充実などを図るよう提言。産業精神衛生の専門家の育成や、若年層からの対策として児童精神科医の養成にも力を入れることも盛り込んだ。数万人規模を対象とした大規模なプロジェクト研究などを「10カ年計画」として国家レベルで取り組む必要性を強調した。

 学会は、共同宣言の関係省庁への提出を検討している。日本生物学的精神医学会の武田雅俊理事長は「うつ病の専門家がレベルを上げるのはもちろん、世に広く知ってもらい、政策を動かしたい」と話した。【井上梢】

【関連ニュース】
うつ病:対策「国レベルで」 4学会が共同宣言、10カ年計画策定など
うつ病支援:全国の人とメールで「対話」 21日から富山のNPO /富山
究・求・救・Q:自殺450人、前年比43人増−−県警09年まとめ /岡山
香山リカのココロの万華鏡:心の病はタブーか /東京
警察庁の自殺統計

日米外相会談 「北朝鮮に圧力」連携…同盟重視で一致(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>ハンセン病療養所、24日午後に訪問(毎日新聞)
飲酒検問 警官大けが 車が急発進、容疑で男逮捕 大阪(産経新聞)
<放火>自宅に火をつけた83歳の男逮捕 北海道・旭川(毎日新聞)
山田宏氏 参院選比例代表に立候補へ 杉並区長を辞職(毎日新聞)

「振り込め」撲滅 橋幸夫さん訴え(産経新聞)

 振り込め詐欺撲滅月間の初日となった17日、警視庁は被害にあいやすい高齢者が集まる東京・巣鴨のとげ抜き地蔵尊で、歌手の橋幸夫さんをはじめ、地元の住民や金融機関関係者らを招いて撲滅キャンペーンを開いた。

 昨年10月から警視庁の振り込め詐欺被害防止特別アドバイザーとして活動している橋さんは、「応援してきてくれた私の同年代の多くが熟年を迎え、そういう人たちが被害に遭っていると聞いたら黙っていられない」と述べ、不審電話に用心するよう強く訴えた。

 また、池田克彦警視総監は、不審な電話への対応策として、橋さんのヒット曲「いつでも夢を」になぞらえ、「いつでも110番を」と迅速な110番通報をするよう呼びかけた。

 そのほか、プロの役者による犯行手口の実演も行われ、参加者は不審電話がかかってきた場合のために家族の合言葉を決めておくことや、息子を名乗られても一度は疑うことなど対応策を学んだ。

【関連記事】
介護マンション契約金詐取の疑いで会社社長逮捕
パチンコ攻略法商法、求人広告偽装型が増加
現金より金塊を狙う“平成のルパン” 流行に敏感な振り込め詐欺犯たち
エリカvs高城は泥仕合も 夫婦間の“借金”どうなる?
ベッカムも触った1億円の金塊きょう最後 実はレンタル…相場高騰
中国が優等生路線に?

鳥取連続不審死、捜査終結=裁判員裁判で審理へ(時事通信)
<火災>民家全焼 68歳男性死亡か 神奈川・海老名(毎日新聞)
伝説の種牛「安平」も処分…最高の子牛22万頭(読売新聞)
18日に打ち上げ=金星探査機、H2Aで―種子島(時事通信)
東北大助教の解雇は不当=データ転用で懲戒、仮処分認める―仙台地裁(時事通信)

徳之島3町長、鳩山首相に絶縁状「意味ない。もう会わない」(スポーツ報知)

 鳩山由紀夫首相(63)は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を巡り、鹿児島県・徳之島の3町長と官邸で会談した。首相は徳之島出身の元横綱・朝潮(故人)まで話に持ち出し、普天間の機能の一部の引き受けを要請したが、3町長は完全拒否。首相は引き続き協議するため、同島を訪問したい意向を伝えたというが「もう会わない」と絶縁状を突きつけられた。また、15日にも予定していた沖縄再訪問は当面、先送りに。“迷走首相”の終着駅は、まだまだ見えない。

 カメラのシャッター音にかき消されそうなか細い声で、鳩山首相が切り出した。「皆さんに大変な混乱、ご迷惑をかけた」。午後3時すぎに始まった直接会談。そしてついに「普天間の機能の一部を、お引き受けいただければ、大変ありがたい」と要請した。約2万6000人分の反対署名を手渡されると、こわばった表情で小さくうなずいた。

 首相の発言は、沖縄の米海兵隊ヘリコプター部隊の移設ではなく、訓練の一部移転を念頭に置いたものとみられる。しかし、3町長は完全拒否した。大久幸助天城町長は、島の自然を解説し「断固反対」。大久保明伊仙町長は「いかなる施設も造らせないという民意は絶対、変わらない」。高岡秀規徳之島町長も「町議会は全会一致で反対決議をした」と訴えた。

 会談は約1時間10分。冒頭の30分が報道陣に公開された。徳之島を含む鹿児島2区選出で、自民党の徳田毅衆院議員(38)も同席。徳田氏によると、首相は「(徳之島出身の)元横綱・朝潮に子どもの頃からあこがれていた。その徳之島に対して、このような話をしなければならないのはつらい」という旨の話をしたという。徳之島が生んだスーパースターで、“毛ガニ”の愛称で親しまれた横綱まで持ち出しての説得。そして最後には「またお会いして話したい、と言っていた」(徳田氏)。

 しかし、会談後に会見した3町長は口をそろえた。「何十回会っても平行線。会っても意味がないので、もう会わない」

 首相は4日、沖縄入りして住民の怒りの火に油を注いだばかり。徳之島の3町長からも“絶縁宣言”されて八方ふさがりだが、めげていない。首相は今後も協議するため、徳之島を訪れたい、と伝えたという。

 これに対し、徳田氏は「賛成しかねます。総理や官房長官が来ると混乱する。(自民党議員としての)党利党略で言えば、鳩山首相は恥の上塗りになるのでいいかもしれないが、けが人が出る」と警鐘を鳴らした。

 首相は現行計画のキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)の沖合に、代替施設を造る“県内移設”しかない状況に追い込まれた。米国と地元の同意を得るとした5月末までの決着は、ほぼ無理。15日にも予定していた沖縄再訪も、移設案を固めるのが難しいと判断し、当面、先送りに。さらなる迷走ぶりが浮き彫りになった。

 【関連記事】
鳩山首相、協力要請も徳之島3町長は拒否
首相、15日にも沖縄再訪
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ
貧乏議員地元でお詫び行脚 首相、幹事長その思い忘れないで
鳩山由紀夫 普天間飛行場 宜野湾市 調べる

<将棋>1、2局に続き横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)
小沢氏と連合に微妙な距離…始動遅れる地方行脚(読売新聞)
首相「公約というのは選挙の時の等の考え方」(産経新聞)
<送る会>ばばこういちさん=6月4日・東京のホテル(毎日新聞)
<日航機>大阪空港着陸時に尻もちで火花 けが人なし(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。