So-net無料ブログ作成

元富士通社長の請求却下=代表取締役への復帰認めず―横浜地裁支部(時事通信)

 元富士通社長の野副州旦氏が、不当に辞任させられたとして同社に代表取締役としての地位保全を求めた仮処分申請について、横浜地裁川崎支部は14日、請求を却下した。同支部は、辞任を迫った同社役員が虚偽の事実を断定的に述べたとは認めず、野副氏は任意に辞任したと判断した。野副氏側は即時抗告した。
 野副氏は21日の定時株主総会の前に代表取締役に復帰し、昨年9月に起きた自身の解任劇について外部調査委員会を設立して全容を解明する意向を示していた。
 野副氏は3月にも取締役への復帰を求める仮処分を同支部に申し立てたが、審理が終結した4月6日に「富士通が提出した資料を精査したい」として取り下げた。その後、5月12日に横浜地裁に再度申請し、6月上旬まで同支部が審理していた。 

【関連ニュース】
高速5社、社長に民間人=天下りを排除
買収防衛策、相次ぎ廃止=ファンドの脅威低下
大手銀行に機関誌購読要求=容疑で「総会屋」逮捕
トヨタ取締役、報酬総額1割減=業績不振を反映
証券大手、役員報酬回復=野村3.5倍、大和35.8%増

首相臨時代理1位は仙谷官房長官(産経新聞)
発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)
大手銀行に機関誌購読要求=容疑で「総会屋」逮捕―警視庁(時事通信)
2新党、山梨で自民候補支援=平沼氏ら「反民主」で連携(時事通信)
幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)

<関アジ>対立していた漁協が「手打ち」 共同休漁の協定締結へ(毎日新聞)

 大分県の高級魚ブランド「関アジ」「関サバ」の漁場を巡り対立してきた一本釣り漁の同県漁協佐賀関支店と臼津(きゅうしん)まき網連絡会が資源保護のため3日、県の仲介で、産卵期にあたる6月の土曜日を共同休漁とする資源管理協定を締結する。第2土曜は、以前から双方とも休漁だったが、残る3日間を新たに追加した。約四半世紀続いた対立の“手打ち”の手始めで、来年は休漁期間を拡大したいという。

 大分市・佐賀関沖の漁場を巡っては、86年には巻き網漁船を一本釣り漁船団が取り囲み、取った魚を放流させる事件も起き、訴訟にも発展した。しかし、漁獲高は年々減少。協定締結の機運が高まった。【梅山崇】

年収によって違いはあるの? 地デジの普及率(Business Media 誠)
浜教組の行為は教育介入 自民・義家議員が指摘(産経新聞)
「首相は辞めない」と政府高官が明言(産経新聞)
<殺人容疑>「病気苦の妻絞殺」64歳逮捕 東京・八王子(毎日新聞)
閣議で「何らかの決定」=普天間移設の政府方針―鳩山首相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。